ブレゲTraditionシリーズの7047PT腕時計の簡単な紹介

2005年にブレゲが第1モデルの古典のデザインの7027を出してから、Traditionシリーズは便はもう私の視線がフェード・アウトしたことがありません。すばらしい7027が保留して18世紀のブレゲの懐中時計の伝統の構造と純度の高い黄金の金、砂などの処理の技法を噴き出しただけではなくて、時計の文字盤が直接に直視する中から伝動する輪列の大胆なのとぜんまいの箱設計を置いて、更にブレゲの一貫している受けてその通りにした古典の米を視覚の上の直観的な体験にならせます。

それ以後、錨式の自動上弦の構造を設置して飛びと秒針の7037登場に帰りを加えて、造型は依然として構造と細部の上の変化性を失わないで、私は知っていて、Traditionシリーズはこの時からブレゲになって高級の表を作成する理念を伝承してと時計の文化の博物館が現れるでしょう。

この7047だけのPT、Traditionシリーズが再度理念の継続のを伝承して行うです:ゴマの鎖の陀はずみ車とのが合わさって1つとなる、壊しにくくてそしてきわめて防食のケイ素制が並べて空中に垂れる糸に順番に当たる、直接ぜんまいの箱の上の動力で指示、表面を貯蓄して中採用した全く新しい貴金属の合金を飾って改良と技術に電気めっきをしを設計する、それ精密さ性と安定性の上で一層の樓に更に上るだけではなくて、複雑な機械の構造の持ってきた衝撃力、更にそれ視覚の上でもいくつおよそけちのつけようがありません。私はたいへんその金属の合金のチップの採用したあのような無煙炭の色を鑑賞して、それは藍鋼ブレゲの針の持ってきたのが震撼するようで、たとえ古典が分からないのがどちらでとしてもから、見たことがあっていた後にも深く所得があることができます。