1度の東方と西方の考えの衝突の下の薩克森の文化の旅

2016年4月26日、ドイツの薩克森の州ランゲ制表会社から始めて、中国現代有名な撮影家のパンの威(さん)とランゲ協力で完成したの《薩克森:ドイツの巧みで完璧な技術の郷里――パンの小さい威の撮影展》は中国美術館で正式に幕を開けます。展覧して中央美術学院の院長の范とディーンから展を鞭打って、光明日報社は主催して、CITYSCAPES(都市の光景)を通す、POINTSOFVIEW(視角)、CHARACTERS(薩克森人)、CRAFTSMANSHIP(職人の技巧)とASPECTS(方面)の5つの空間、150数枚現れてドイツ東部薩克森州が自然で、歴史、人文、商工業の伝統と人物をテーマの白黒の撮影の作品にして、薩克森の手厚い人文の歴史と技術の伝統、この土壌の懐胎しだした追求完璧にを絶えず改善する精神と信奉して中国人民に紹介します。展人の范とディーンを鞭打って、撮影家のパンの威(さん)、ランゲ総裁WilhelmSchmidと中国美術館の副館長の張子康は展覧するためにテープを切ります。