梅の花の最もすべての腕時計の専門の用語のとりまとめるA―Z

Vergeescapement(トchappementツverge/Spindelhemmung)のシャフトのエスケープの14世紀ヨーロッパで現れた初期のエスケープ、冠形がエスケープ(crown―wheelescapement)に順番に当たるのといっても、主要な構成部分は雁木車として1つの外見が似ている西方の王冠の“冠形の車輪”で、その突き出ている歯は“シャフト”の上の2つの“たとえ切れでもを捕らえる”とかみ合わします。その時このような機関は大型の機械的な時計中で使って、“調速機”のになるのが両端の重い物を装備している“振り子の竿”で、それは“シャフト”のトップVibration(Alternance/Halbschwingung)の拍子の時計の調速装置の部門の時間内のに位置して回数Virguleescapement(トchappementツvirgule/Kommahemmung)のかまに揺れ動いて式のエスケープをかぎ針で編んで18世紀に誕生して、その主要な特徴はすべての雁木車の歯上で面の柱体に順番に当たるに直立するのがあるので、その他に振り子の輪軸の空いている心管の中で現れてかまのかぎ針で編むかぎ針で編む形物に類似します.