ラングZEITWERK DECIMALストライク

ZEITWERK新しい方式を採用しDECIMALストライク時報、鳴り響く装置10分ごとに音を発する。この腕時計限定ひゃく枚、ケース、ラング特有の18蜂蜜色金で作成し。

 
ZEITWERKムーブメントの機械構造を鳴らし装置を提供した統合理想の先決条件:ムーブメントが大量に動力を推進する機械を蓄え、精確に跳んで字を表示。一如ZEITWERK MINUTE REPEATERとZEITWERK STRIKING TIME鳴らし、自動装置を十分に利用できる関係動力。この新しい表契約の中に、鳴り響く装置を二つの違う響き音バネ、1時間から1時間の間に、1時間ごとに10分と時報。文字盤側の2つの音槌は研磨精鋼組成、などの音槌桥板ような飾「tremblage」の彫刻。左の音の槌は毎時間に低音を打つ。右の音槌ごとに10分やたびに10分単位での時間帯からの際、高音を出す。