ロンジンは2011年北京国際馬術師大会公式時計

ロンジンは2011年北京国際馬術師大会公式時計
スイスブランドになっLonginesロンジン2011年北京国際馬術師大会公式パートナーと;ロンジン馬術活動の結合、さかのぼってはちじゅう数年前、初めてとなるCHIO(Concours HippiqueインターナショナルOfficiel)国際馬展公式クロノグラフ、結んで首の縁。今回の試合では、公式の時計を務めるほか、ロンジンも出Chronograph」「Column-Wheelポスト輪タイムストップウォッチ、優雅と結合の美学の正確な解釈。
1926年、初めてとロンジン馬術運動が結合して、担当はジュネーヴ主催のCHIO(Concours HippiqueインターナショナルOfficiel)国際馬展公式クロノグラフ;以外には、ロンジンはひゃく余り国家と国際馬術試合結合を含め、世界選手権、ヨーロッパ選手権、CSIO馬術試合とアラブ連合組織障害馬術各タイプレースなど大小レース。今回は北京国際馬術大会と協力パートナー、ブランドと馬術運動に更に1ペンを漕ぎ。北京国際馬術大会を開催する中国初の国際試合は、いわばアジア最高の規格の馬術試合で、今回のマスターズはご月じゅうく日~21日に中国の有名な国家体育館—鳥の巢が行われ。最後の試合は、ドイツ骑师Marco Kutscherで優勝し、中国の地主の选手朱美美最後は第4位を獲得し、試合終瞭いたしショーを漕ぎ。