何がクロノメーター(Chronograph)、クロノメーター使い方、用途はどれらがありますか?

ティソ時計知識:何がクロノメーター(Chronograph)、クロノメーター使い方、用途はどれらがありますか?
クロノメーター(Chronograph)クロノメーター(Chronograph)は、プロの名称、そのchrono古英語とラテン語で「時間」の意味で、graphは英語では「記録ツール」。普通の時計、連続して時間の消えて時間の消えて。時計表は、どのようにすべての時間の長さを記録することができます。標準の時間は30分あるいは12時間のタイム機能があります。表面の中央の秒針、ふだんは0 0の位置に止まっていた。時計を示すためで走行中、多くのプラスを設けて恒动小秒針。クロノグラフ2分には、最初の1つだけ測定対象の普通のクロノグラフ、もう一つは二つの測定対象の双秒針スプリット表。
一般に、クロノメーター依その設計分単秒針、双秒針、単ボタン式、ダブルボタン式などの構造、若以文字板デザインの用途にとって、最も多いのが測定速度のクロノグラフ、例えばOMEGA月面表、測定脈拍のULYSSE NARDIN脈拍表及び取り扱うTISSOT測定可能距離と時速のJANEIROクロノメーター。解像機能の方法について、英語で週りに注意さえすれば面盤と知って、もしTACHYMETER(速度計)、TELEMETER(距離計)、PULSATIONS(脈拍測定機能)は、事実上の操作クロノグラフの方が全く同じで、その違いはスケールの不同の目盛りを示すデータの説明と違う機能が、ありふれたクロノグラフの多くは時速を主な機能を測定。