HUBLOT —-精緻な選択

HUBLOTビッグBang
バラの金/18材質を自動的に煉ムーブメント/期日、時、分、小秒針表示機能クロノメーター//直径44.5mm/防眩サファイアクリスタル鏡面、透明キャップ/防水ひゃくメートル/参考価格:NTドル685、000
1980年のHUBLOT設立に御博表は、独特の「舷窓」の造型と天然ゴムバンドされ、人々の注意が、当時はゴムバンドコーディネート貴金属のデザインは、各強気され。今日、ゴム材質はまるで流行の傾向にあり、各大時計工場も違うデザイン開発のゴムバンド、見てHUBLOT当時の決定は、すでに始まってゆっくりとの影響で時計界。2004年Jean-Claude Biver後任HUBLOT総裁、こちらは縦横に表壇の長年のシニアマネージャー、代わりに新しい視野からHUBLOT。2005年のスイスバーゼル時計展、HUBLOT発表したビッグBangクロノメーターシリーズ、このシリーズの腕時計にHUBLOTの「フュージョン」の概念は、更に多元の材質で運用する表の制作、また独特のデザイン、ビッグBang、2005年ジュネーヴタブ大賞の「ベストデザイン」大賞。
全体外観
ビッグBangの外形も続きHUBLOTの伝統的な外観が、どこでケース構造と素材の運用には、大幅な革新。まずケースの両側に、ビッグBang Kevlar合成繊維を使用した、この材質強度をワイヤーの5倍に、主防弾機能、使用はビッグBangのケースサイドとベゼル下だけではなく、衝突の力を吸収して、同時にとゴムバンドまるで一体割形。また、カウントダウンボタンと表冠の縁も、組み合わせて使われるゴム材質、このデザインは美しくて、操作のカウントダウンの過程の中で、指ポンプの力を集中して、さらに感触も非常によい。そしてビッグBangの表耳曲げデザインを採用し、装着するときは腕時計と接触を貼り、配合ゴムバンドを更に備えて安定性。