パテックフィリップ天文陀のはずみ車の腕時計の上の精緻浮き彫り細工

パテックフィリップ時計「天文陀はずみ車」Ref . 6002を採用し、浮き彫り細工の18プラチナのケースは、直径42 . 8 mm、ゴールド?フェイス飾以内記入エナメルと掐丝エナメル、レール式分目盛積み靑で埋めエナメル、三問時報、陀フライホイール、自動帰還式日付指針のウィンドウズ式万年暦、月相恒星時、月、行の軌跡や月相損益、内手に煉機械ムーブメント動力貯蔵少なくとも38時間、最大48時間。

新型Ref . 6002前作よりは基本的に同じ。教会の鐘の音を持つ双簧3問時報装置と陀はずみ車正面フェイス;表示標準時間、配備万年暦や自動帰還式日付表示および月相表示。文字盤は裏を表示するため天文機能:表示できる北半球夜空、恒星時、月行の軌跡や月相。Ref . 5002と違うのは、それが表示できる月相非月齢、しかも採用。式曜日、月とうるう年で非表示指標式。