ピアジェ時計師Piaget薄型の薄型伯爵の誇り

伯爵は、伯爵の薄さという薄い腕時計を言わずに、伯爵の誇りと誇りであるということで、伯爵の薄さと彼の歴史を知ってもらいました。

以来半世紀、Piaget伯爵に心酔する研究や革新薄型ムーブメントとなり、その分野の専門家や指導者のブランド。Piaget伯爵高級時計メーカーの作った35枚ムーブメントの中で、計23枚は薄型ムーブメントが、各種のデザインと機能によりブランドじゅうに項記録誇らしい記録。これらの比類のない薄型ムーブメントの制作技術、になるだけではなくPiaget伯爵の目印も優雅な代名詞であり、Piaget伯爵で3つの主要な分野の輝かしい業績。

1874年、Piaget伯爵はスイス侏羅山岳地帯のラCôte-aux-F E es設立タブ工房によって、耐久性、信頼性の高い生産精密にムーブメントに共感を獲得。Piaget伯爵1957年率が先にその起動し、初の薄型ムーブメント—有名な9Pムーブメント(厚さわずかにmm)、当時、世界中に一枚の最も薄い手動でチェーン機械ムーブメント。1960年、更に革新猷時計工場、発売12Pムーブメント、巧みに活用当時薄型ムーブメント制作の一項の抜群の技術―偏心式自動振り子陀、成就の世界有数の薄型自動的にムーブメント(2 . 3ミリ)。超薄型メジはこれから伯爵のマークと独専の分野の一つとなり、ブランドのアイデアを表すプラットフォームとなっている。これらの精細ムーブメント傑作見せだけでなくPiaget伯爵完璧な技術力、ムーブメントの設計と制作はいずれのケースと配合で。薄型ムーブメントのスリム厚さ及び小型サイズ、Piaget伯爵デザイナーコンテンツを持つ無限空間、様々な大胆な革新の腕時計が生まれ、例えば薄型のケースは、硬い宝石ダイヤルは、宝石腕時計、金貨表及び特別形ケースなど。1998年、Piaget伯爵再発売の経典のAltiplano腕時計シリーズ全体のシリーズ、薄型ムーブメントを搭載。半世紀を経て耕し、Piaget伯爵成功捏ねる技術と美学、令薄型腕時計の制作技術をブランドとしての象徴になるだけではなくて、更に国際ブランドを、世界の一体化は腕時計を持って少数生産ラインの時計工場での地位超然。