ココア部品によくある装飾工芸

腕時計の部品が完成した後まだできあがった段階では、時計工場からの装飾工房担当部品ユニークな個性を与える。これらの精緻な加工処理も高級製表の特色です。

通常の部品は、組立を行う前に、一部の部品は、まず、時計工場の装飾や彫刻技術師の手を経て、加工を経てから、正式に組み立てます。軽石ややすり細工師の使用、バフ、碳棒などの伝統的な用具、部品を飾ってと加工処理、このプロセスの主に完成品。装飾と加工処理は、腕時計ごとに唯一の個性を与え、見た目には見えない隠し部品でもある。甚だしきに至ってはインストールの回転軸と要の表橋も一心に処理を経て、たとえ簡単なムーブメントブラケット、見ても高級時計工場の巨大な細な遺伝の慎重タブ態度。

パーツ装飾――装飾工房の細工師は時計工場自主トレーニング、通常はムーブメントに以下の部品を伝統的な装飾工芸:

●逆角:部品の斜め角は切削や磨きを経て

●側を引き伸ばす

●磨きまっすぐ稜角

●真珠の円点打磨き:板と表橋の上で、隣の小さな丸い模様を磨く

●ジュネーヴ波紋:表橋と自動盤に波の紋様を磨く

●らせん紋

●鏡面放光:亜鉛盤では「金剛砂」で磨き、パーツの表面が滑らかでなく、光り輝く、鏡面の効果が出てくる。