鉄の骨の柔らかな最も新しい指揮官のシリーズの男性の腕時計の実写

スイスの美度表にとって、伝世の歴史建築の卓越した風格はその指揮官シリーズの設計理念のように、すなわち「霊感の印証は永遠」である。エッフェル塔は時空の座標として、1959年に生まれたスイスの美度表指揮官シリーズのように、永遠に伝わる経典のデザインで、伝奇を書き残している。硬直な鉄骨にも柔らかな一面があり、硬くなったばかりの腕は、鋭く見えない。斬新な指揮官シリーズの男性の腕時計は自動機のコアを搭載して、ブルーの宝石の鏡面の下は銀色の日光の光線の紋様の表盤で、皿の間の細い格の設計は精巧に入っていて、エッフェル塔のネットの構造と異曲と同職になっています。立派なところは、堅い鋼質と柔らかい皮の質を完璧に結びつけ、独創的なものにすることである。

エッフェル塔は鋼鉄と幾何の結び目で、無限の魅力を生み出した。それはパリやフランス全体の象徴であり、優れた技術と完璧な設計によって、無数の人を魅了している。時間の流れに従って、百年の風雨を経験したエッフェル塔はすでに独自の身分のシンボルを鋳造しています。スイスの美度表指揮官シリーズは、大胆な伝奇的なデザインの建築スタイルを完璧に解釈しました。

新美度指揮官シリーズの紳士腕時計には、装飾が精巧で、洗練された洗練された自動機械の機軸を搭載しています。表殻の直径は40ミリ、50メートル防水、スイスの伝統的な製表の理念と高級な製表技術の完璧な組み合わせです。