2013バーゼル表展帝舵新品腕時計まとめ

帝舵は今年最も喜んでいるブランドで、今年の帝舵がついに自分に属するDNAを持っていたことを喜んでいて、初めて自分に属する展示台を持っていて、今年の帝舵展台の特徴をまとめてみました。

1、帝舵今年の展示台は依然として固有の赤黒の配色を使って、ロレックスの緑と相乗りしています。
2、今年の帝舵の最も特別な表はドゥカティとの協力のFastderで、これは帝舵の初めての陶磁器の殻である。
3、もう一つのポイントは、HerイタジュChrono Blueのカウントダウン表で、ブルーのスキャンバスバンドはモンテカルロのテーマにぴったりです。

「腕時計の家バーゼル特別報道」は2013年4月25日、1年に1度の時計界でバーゼル国際表展が幕を開いた。腕時計の家チームがスイスに向かって、その先で初めて展示された。次は腕時計の家が皆さんに整理した帝舵2013新製品の内訳である。

HerイタジュChrono Blueカウントダウン

帝舵表の新金HerイタゲChrono Blueをもっと完璧にするために、腕時計には2つの表帯が付いています:1は摺引きステンレスの表帯で、また織紋の表帯を強化するために掛けます。織物は歴史の長い伝統の紡績工坊によって作られ、その色合いと表面の独特な色が巧みに呼応し、着心地を確保する。丁寧に作った時計の時計は、歴史からインスピレーションを汲み取っているが、現代風を示している。