手首の間に月があって、全て一家団らんです:ブランパンは中秋に腕時計は推薦します

明るい月鏡のようです、柔らかい光は霜のようです。とても短い時間の年月、また1年の中秋節です。みんな集まる際、月の餅の品物の広西チワン族自治区の芸妓をはべらせた酒宴を味わって、暖かくてロマンチックです。月はその“首尾良くて、明るい”の特質で、適切に中華の文化の中で“人生が、家庭の一家団らんが首尾良い”のが訴えるのと偶然に一致して、長い歴史の歳月の中で無数な恋しい思いと温情を積載しました。

事実上、月は人類の偉大な恵みにはるかに感情の上の委託に止まらないをのと述べ表す与えます。1221年に、イランの第3大都市のイスファハン(Esfahan)に出て精密なギヤ伝動装置の星皿に付いていて月相の表示機能を持ちます。こうなると夜空まで見ることができたかに関わらず、頭を下げて明月の変化を見ることができました。

月相の表示機能に言及して、どうしてもすばらしい時計算する創建し営む者、スイスの高級の機械の腕時計のブランドブランパンBlancpainを話題にしなければなりません。

1983年のブランパンの第一モデルの全暦の月相の腕時計とCal.6395チップ

20世紀に80年代の石英のあらしスイスをすべて巻き込んで、ブランパンは市況の流れに相反して行って、近代最初に全暦と月相を結び付けるブランドになって、月相の腕時計の全く新しい時代を開く同時に、同じく世間の人に機械的な腕時計のいつまでも鳴り止まない魅力を理解させます。

この時から、ブランパンは月相機能の復興者の役を演じて、月相もブランパンの第2Logoになりました。