皮バンドは簡易に法の3S原則に保養します

秋冬は季節に来て、たくさんの人も天気の転換に従って、手を氷のように冷たい鎖に行って時計を持ってベルトに替えて表して、時計をさせます
店のベルトの表す販売の業績は明らかに成長して、ベルトが表しを表示するのは寒い季節の消費者の一番のお気に入りのです。でも、ベルトは表します
つけるのは長くなって、ついてくる各種の問題、すべて消費者が一心に守りが必要で、腕時計のバンドようやく得ることができるのが最も良いです
の配慮。

ベルトの基本的な様式は上から下までワニのベルト(CrocodileStraps)、トカゲのベルト(Lizardに分けることができます
Straps)、ダチョウのベルト(OstrichStraps)、牛(さん)のベルト(CalfskinStraps)

一般的に言えば、皮バンドの材質はおよそワニのサメ皮、トカゲの皮、鯊サメ皮、ダチョウの皮および、小さい牛革などに分けることができて、
価格ラインが1、2千の元から5、6千の元まで(に)等しくなくて、しかし、どれの材質の腕時計のバンドに関わらず、長くなってでも発生するのをつけるのが臭いです
味、あるいは硬化の現象が発生して、もし適切に正しい保養の道をとることができて、3S原則を掌握して、皮バンドを延長することができるでしょう
半分の以上の使う年限、その上これらが手続きに保養して全く自分が着手することができて、他人、経済を利用する必要がありません
また実際の利益。
腕時計のバンドは4措置に保養します。先に小さいブラシで少量(数)の石鹸の水をつけて、急速に汚い場所を乾純に洗って、
引き続いて清水を使って迅速に乾純に突き進んで、その後はまた乾の布で乾を拭いて、最も後がまたいくつか皮革の油(脂)を塗りつけるのが(皮膚が良い敏感です
者、背面にいかなるを使って剤)に保養しないでくださいように提案します。

いわゆる3S原則、指したのは皮質(Skin)と相容れる洗剤、柔軟な(Soft)のぬれる布、高速を使います(Soon)
の自然風の乾。ふだんできるだけ腕時計のバンドと水が接触するのを免れるべきで、もしもうっかり濡らして、できるだけ風の乾に後でまたつけるように待つべきです
上、出すのが臭いをの免れます;眠る時腕時計のバンドを風を通す場所に置く方がよくて、皮質の細胞に呼吸器を開けさせます;冬
腕時計のバンドの硬化の程度がわりに大きくて、くねくねしている形をありやすくて現れて、この時にくれぐれも反対に折れないでください、皮質を傷つけないようにします。
その他に腕時計のバンドの上のほこり、使える乾純の布つける少量(数)清水拭く後置く於風を通すつきあう自然風の乾良いです。