高周波の動力の“芯”が汚くて簡単でショパンL.を評論しますU.C8HFとても精密で正確な腕時計

真珠や宝石の技術のショパンを得意として、1996年にFleurierで専門制表工場を創立した後で、更に着眼してチップの研究開発を自製するのをも始めます。今年出すL.U.C8HFは大いに小道のチタン合金の腕時計を表して、まさに腕時計の名前のようで、8はその搭載したのに自動的に鎖のチップL.に行くように代表していますU.C01.06―Lの運行する周波数は8Hzに達して、比較的普通な4のHzのチップが速くなって2倍は蓄えがあって、HFも“高周波”の意味を意味します。一体ショパンL.U.C8HFこのますらおぶりの十分なあまりの高周波の腕時計は一体何の人よりまさっている場所があって、私達は文章を通じて(通って)をあなたのために1つ1つ解きます。ショパンL.U.C8HF政府の通し番号は161938―3001です。
ショパンの2012年のバーゼルの時計展上のが大いに異彩を放っても世間の人におよび、新しくぬきんでる科学研究の実力、このL.を開発していると証明しましたU.C8HF正式のこの事実のは検証する方がよくて、もっと良い紹介の腕時計次にためにみんなのために詳しい紹介を差し上げます。
転覆性の期日小さい秒針の時計の文字盤およびと冠の位置の直観的なのを表してチップのきんでている変革を漏らして、別種を設計しますが、冠を表して4時の位置に位置して、5は6時まで形の期日の表示ウィンドウをあおぐで、6時(点)~8時間小さい秒針の時計の文字盤で、しかし細部所でブランドをあらわして思い切って大胆に新機軸を打ち出す精神を突破します。