IWC(IWC)の行政の総裁:喬琪斯

喬琪斯―コーエン先生(GeorgesA. Kern)26歳の時初めてIWCをつけます。10年後の2002年、彼はIWCの行政の総裁に委任させられて、IWCになります(IWC,InternationalWatchCo.)発展する長い歴史の旅の中で第10人の指導者。先日北京の太廟の行う“時計の奇跡”で峰の時計展の現場を経過して、喬琪斯先生が受ける時ニュース記者の特別取材の時、彼は続けざまに言います:“これは運命です。”

喬琪斯先生は初めて中国に来るので、時計展は当日の風とても大きくて、喬琪斯先生は記者の1つ目動作がすこし触る自分の真っ赤な鼻を見て、1つの風変わりなおどけた顔をしました。取材の中で、彼は記者の取材の大綱に対してとても興味を持って、それからはっきりと持って行って見ます。しかし事実上彼は1つの漢字を知っていないで、ただ彼に頭を悩まさせる角張った文字に対してとても興味を持ちます:“あなた達はどうしてこんなに複雑な筆画をしっかり覚えますか?あなた達のコンピュータのキーボードはどのくらい鍵盤がありますか?どうしてこれぐらいの字を打ち出しますか?”たくさん初めて中国の外国人に着くように、喬琪斯は彼の印象の最も深いのが中国が人口が多いとだと言います。“すべてのスイスの人口は700万まで、北京の人口はほとんどその2倍です!”喬琪斯は、彼の働いて生活した小鎮のシャフハウゼンで、と言います、鎮は3万人口しかなくて、“人々はすべて互いに知っていて、勤務する途中の多くの人と私は挨拶して、このようないい気持ちです。”