風変わりな人の珍しい時計は大きい羽を矯正します

印象の中で時計、人々総と欧米国家、特にスイスの“境を接する”を言い出します。実はさもなくば、我が国の北宋の元の祐の3年(1088)の時に宰相、科学者の江蘇はたたえて、水運計を発明したことがあって台(俗称の水の時計)に似ているのを司会しのでことがあります。このごろのスイスのいくつかの有名な時計の刊行物の上で、ヨーロッパの時計専門家と学者達、依然として中国9百数年前に対して“水の時計”を発明してとても高い評価があって、“現代時計の中使ったのは捕らえて器を跳躍して、最初中国の江蘇のためにたたえて発明して、彼の製造した《水運計の象台》は毎日の1秒の誤差にすでに達して、私達の西方は使ってたとえ器の時間単位の計算でもを捕らえて、江蘇でその後3世紀間の事をたたえたのです。”
sz405-a.jpg (24898バイト)  江蘇で発明の“水の時計”の9百数年来の1991年7月をたたえて、香港の“日計の軒”の主人、古い時計の収集家は大きい羽先生を矯正して、名誉に研究製作が成功して“世界一”のの“氏の非常に不思議な日計のはずみ車の時計を矯正する”を語ります。1992年、大きい羽先生を矯正してスイスの巴賽爾の国際時計博覧会に出席して、いいえ以前のようだ古い時計の収集家の身分で現れて、からだで特技の単独での表を作成する商を抱いて自分で作って“逸品”が参加して展示を携帯するので、いくつか国際時計界が権威のあって、これを鑑賞して濃厚な東方の色と中国民族の特徴の“日計のはずみ車の時計”を満たした後に、初めは驚かせて、後一致して評定するを通じて(通って)、このは“世界がまたとない”のスイス某会社の開発する“支柱の飛行のかじのはずみ車の時計がない”と表して名乗って“世界一”に並びます。国際権威の《国際腕時計》の雑誌があって、以上3ページの色彩版でこの東方の貴重な宝物を展示しのでことがあって、そしてドイツの文、フランス語で“氏の非常に不思議な日計のはずみ車の時計を矯正する”の称号を付け加えて世界に推し進めて、近代の時計の史の上で唯一中国人を使う名字になって命名して、国際で壇の通用する時計の専用の名詞を表します。