掛け時計はどう準備する、掛け時計のは方法を調整して紹介を準備します

以前大昔の時に人々は日の出によっていて日が沈んで時間を見分けに来て、それから人々は時計を発明して、時計で時間を見て、今21世紀まで着いて、人々は時間が携帯電話で見るのを見ます。頻繁に同時に携帯電話のを使って、時計はまるで1つの無形の装飾品になった。あの今日掛け時計にどう準備するのように下へ理解しに来ましょう、以前昔の知恵の結晶を見てみます。
1.掛け時計のどう準備するの原理

掛け時計は振り子のと称して重い金槌に揺れ動くで時間単位の計算のために設置する時計です。振り子の時間単位の計算の優位を使うのはそれが1共振子なるためで、振り子はその振り子に基づいて長くて同一の周波数で繰り返し振動して、しかもその振動は単一で安定的です。1656年にクリスティと安・ホイヘンスが正式に振り子時計を発明してから20世紀に30年代至って、掛け時計の普遍的な程度に基づいて、掛け時計はずっと世界の最も精確な時間単位の計算装置の地位を維持しています。
2.掛け時計は早めの15分を準備してどうして加減します

旧式の掛け時計はでも自動的に準備して、しかし時を打って2種類が時間を知らせる方法を準備するのがあって、整えて準備するので、他のベルトは刻んですぐ少しの全体だ以外準備しますと、15分も一回時間を知らせます;時間を知らせてと実績時間シンクロナイズしない時調整の方法は次の通りです:現在時間設けるのは5時35分で、調整が同時に時間を知らせる時指の順時計方向で12時まで分針位置を弾いて、時間を知らせて数えるのを整えるのを聞いて、2時にこの時時計の針がすでにもしも6時の位置(すぐ時計の6時の時報の2時)を指したのを申し込みを耳にしたら、指の反時計回りで時計の針を弾いて、時計の針着いて2時指して、それからまた順時計方向は分針を弾いて、また整える時まで(に)止まって、この時の時計3時申し込むに応じて、再度分針を弾いて時計4時指示して、時計は4時申し込んで、5時まで割り当てられて、時計が5時申し込んだ後に正確な時間まで引き続き割り当てられるのが良いです。つまり、順時計方向は長い針を動かして着いて整えて、聴取してポイントを打って、反時計回りは短い針を弾いて時間耳にしたのがポイントを打つとように指示します;順時計方向は長い針を弾いて、整えるまで(に)この点が時間を知らせてレジュームを終えて長い針を弾きを待ちますと、必要まで時間を指示します。