音の探求の腕時計の複雑な機能の3は自慢話をして解析することができるのを聞きます

3は表して通常時間を知らせる腕時計と称するのを聞いて、受け継いで多種の時計算してきんでている悠久の伝統、称することができるのは機能の最も複雑な時間を知らせる腕時計です。複雑性の方面で大/に次いで小さく鳴いてから表して、しかし3は需要の時鳴いて精確に1分の時間まで着きを申し込むことができるのを表しを聞きます。

大多数で状況で、3は表してその他の複雑な機能を採用することはでき(ありえ)ないにの聞いて、その自身の複雑な機械の構造が腕時計の大部分の空間を占めるためです。いかなるが3つけるか握って表す人にすべてその驚異的な魅力を目撃証言することができるのを聞いて、腕時計を調べてすぐ具体的な時間を知っていることができる必要はありません。

生活の中の大多数の物事とと同じに、いかなる発明した誕生はすべてある種類の需要から源を発します。時間を知らせて表しても例外でありません。 数百年前に、夜中に具体的な時間決して簡単なことでないをの知っています。時計はもし時間を知らせて設置を設置して、鳴いて最近の時間を申し込むことができて、いくつかで状況でまた(まだ)鳴くことができて最近の時計を刻みを知らせます。しかし人々の休みの時、大きい円錐は1時間あるいはごとに15分間鳴いて時間を知らせる間、また睡眠に影響します。そこで、ろうそくを明るくつけてあるいはライトを開く必要はない時間の時間を知らせる方法気運に乗じて生まれるのを知っていることができます。