スイスバーゼルの時計の世界

スイスバーゼルの時計の世界

もしもあなたは1つの腕時計あるいは真珠や宝石の愛好者で、必ず行かなければならない1つの都市がそのようにあって、それはつまりドイツ仏境のスイス都市のバーゼルに位置します。バーゼルに毎年世に名を知られる2件の盛大な事があります:ひとつのは法斯納茲のカーニバル会で、もう一つの便はトップクラスの世界の腕時計の真珠や宝石展――バーゼル世界展覧会(Baselworld)です。バーゼルが時計の関係する展覧を催して1917年のスイスバーゼルの工業展の中の時計の真珠や宝石コーナーまで(に)さかのぼることができます。それから絶えず発展して、1972年まで第1期のヨーロッパの時計展を催しました。1973年、また第1期のヨーロッパの時計の真珠や宝石展を催しました。1995年に多くの海外展覧会参加組織のが加入するのに従って、正式に名称をヨーロッパの展覧会から世界展覧会になります。今まで、バーゼルはすでにこの業界を持って上回って30年余りの貿易歴史を展覧します。

今年の展覧会は44の国家の2186の展覧会参加組織から来たのがあって、展示に参加する観衆は約9万数人に達します。バーゼルはスイスの第2大都市だけれども、人口も10数(何)万人だけあって、平日静かな小城は展会のこの1週間で徹底的で騒がしくなってきができて、全城ホテルは超満員になって、一部の観衆と展示業者に相当してあるいはチューリヒで境を越えてドイツあるいはフランスまで(に)投宿することしかできません。時計は1平方寸の間にこのようにあるで、1つの次から次へと混乱している大きい世界を凝集しだします。これは1つの贅沢品の王国で、至る所機械的な精密で正確な風格、金属の厳かで重々しい光芒、真珠や宝石のに充満していて高貴らしさに明滅します。この赤い俗世間の世で、その設計者、製造者、経営者、つける者にも関わらず、すべてその中でこの上ない栄を身をもって経験したのがつやがあります……