品質保証!寺の倉庫の贅沢品の会所の社長の李の日米先生を特別取材します

SECOO贅沢品の倉庫の会所は我が国の現在のところの規模が、種類の最もすべてのハイエンドの贅沢品流通会所を最大でで、かつ権威のあったのを持って贅沢で芯だしを鑑別評定して、100%商品が守るのが本当で、主に個人あるいは企業のが贅沢品を遊ばせておいて鑑定を経た後にを寺の倉庫からオンラインと線の下でルートを通じて(通って)代理販売するので、かつ売った整っているのがあった後にサービスを補修して保障します。私達の腕時計の家はその前の数日間SECOO贅沢品鑑定評価技術センターの総監督、上海支社の社長の李の日米先生に特別取材を1回したように招待して、李の日米先生は自分の長年の奮闘によって心おきなく話してSECOO贅沢品の倉庫の会所の発展の状況と中国の贅沢品の市場に対して状況に発展するのを経験して、以下は当日に特別取材した重点の内容が抜き書きするのです。

寺の倉庫のこのような預けて売ってもらうモデルはその時どのように構想したのでしたか?今なおまでの寺の倉庫の中国はすでに経営してどんな規模に着きましたか?1些2線の都市で店の配置を増加するのを考慮するかどうか?

李の日米:実は預けて売ってもらうこのようなモデルはとっくにあって、しかしずっと1つの規範に合う市場と1つの信頼できるブランドがなくて、私達がこの問題に対して調査を訪問して国内外の多数の都市がやっと決定し始めて一つの自分があるブランド一連の贅沢品が鑑定して売った後に流れとワンストップサービスの店をやり遂げました。
寺の倉庫の中国一家の店は私達は開いて山東済南にあって、しかしその時市場の業界は決して規範に合わせたのでなくて、その後寺の倉庫からリードして全国寄売仕事委員会を創立して、預けて売ってもらう業界に努めるのがいっそう規範に合わせなければならない秩序があります。たとえば寺の倉庫の中国は一筋の都市は今中国に北京上海は自分の店があるだけではなくて、国外でいくつか合作店もあります。全国の配置について自分のリズムが落ち着いていて穏健で行う中にによってです。