どんな商標の機械が表すのが良いです

今多くの人は旅に出てでも機械を選んで表します。機械は時間の道具を見るとしてを表すだけではなくて、また(まだ)つけている風格と味わいをはっきりと示すことができます。それではどんな商標の機械が表すのが良いですか?これもたくさん初めて買い手の友達のよく聞く問題を買うです。次に腕時計の家にみんなに教えに来ましょう!

機械的な表す精確度ははるかに石英に及ばないので、石英はほとんど分秒をやり遂げるのが悪くないことができて、機械はひとつのロレックスごとにロレックスを例にしてすべて天文の認証を経るのを表します――これもすぐ1等の1の類の腕時計の中でやり遂げにくいくて、しかし工場出荷する時の精確度も+6~―4s/24時間以内に保証することしかできません。それ以外に機械の表したのが磁気、耐震性能を抵抗するのも比較的有限で、だからもしもあなたは腕時計を時間単位の計算の道具にして使って、しかも精確さ性を求めて、石英を提案するのは良いです。もしもあなたは腕時計をアクセサリーにして使いに来て、それでは倒れるのがどちらでも良くなって、自分で良いことが好きです。

中低価格の機械の表すおすすめの友達を買うつもりで、ティソを推薦して、世界の販売量の第1はその品質の安定性とあかぬけしている価格性能比を説明しました。その外米度、ハミルトン、日本のセイコー、シチズンはすべて良い選択です。

もしも、中にハイエンドのおすすめのロレックス、1つにはすべて天文の認証を経て、精確さ性の上に一定保障があって、2つにはロレックスのここ数年のメンズはすべてparachrom空中に垂れる糸ので、磁気の耐震性能を抵抗するのは比較的比較的少し良くて、普通な空中に垂れる糸は比較的磁気を染めやすくて、精確度はとても大きい影響を受けます。その外、オメガ、万国、盛んな刺し縫いする海はすべて良いブランドです!