あなたの今の位置:トップページ>迪ヴォス専売店>導くヴォスが知識を表して私が投稿します どうして腕時計の中に霧があって、腕時計はどうする霧がありますか?さびますか?DAVOSA腕時計の知識

DAVOSA知識は紹介するのはどうして腕時計は中霧があって、腕時計は霧がどうするのが現れますか?腕時計の中に霧があって、時計の内に水分があると説明します。レーダーの腕時計専門家は時計の内のでようだ霧あるいは水のしずくが現れるのを指摘して、直ちに検査・修理をするべきで、腕時計の実用寿命を延長するため、できるだけ時計の内で霧あるいは水のしずくが現れるのを防止するべきで、服を洗って、顔を洗って、入浴する時腕時計をつけるなかれ、雨の日に更に注意するに応じて雨にかけるなかれ。

贅沢な品物は共有します

腕時計の中に霧があって、時計の内に水分があると説明して、普通だ状況で、時計の内にあるなら少量の水分は存在して、人の肉眼は観察して着かなかったのです。腕時計は密封したけれども、しかし柄の頭はとか所を組み合わせるのを管理するのを、後殻をかぶせて表して継ぎ合わせてつきあって、ふたを表してと殻を表して継ぎ合わせてつきあうまた(まだ)きわめてかすかな隙間が現れるのが、特に古い時計、隙間がもっと大きいです。手を洗って、洗濯するか出会って雨が降って時機、水蒸気はこれらの隙間の中から透き通って殻の内で表しにしみこむことができます。その他に、夏の温度が高くて、湿度が大きくて、もしも腕時計が突然会うのが寒くて、水分のわりに多い空気を含んでいって固まって霧あるいは水のしずくを結びを表して、つけてガラスの中で表しています。

どうして腕時計の中に霧があって、腕時計はどうする霧がありますか?さびますか?DAVOSA腕時計の知識

水を防ぐ腕時計が水が入った後に処理方法

専門家は時計の内のでようだ霧あるいは水のしずくが現れるのを指摘して、直ちに検査・修理をするべきで、霧あるいは水のしずくに拭いていって、あるいはトイレットペーパーあるいはで湿っている綿フランネルを吸い込んで腕時計をしっかり包んで、40ワットの電球の近く(約5センチメートル)に置いて火であぶって半時間を誘って、腕時計の内の水分は水蒸気になって排除して、下図は電球です。別に霧の蒸気にひなたぼっこをしていくを通じて(通って)ことができて、機械式ウォッチのを頭を抜き始めて、そしてトイレットペーパーあるいは綿フランネルを頭の周りをで詰め込んで、もらって日光の下で5時間ぐらい日に当てて、トイレットペーパーあるいは綿フランネルが詰め込んでチップの中の水蒸気を一掃することができて、日が経つにつれて水が入りを防いで、時計の文字盤の汎色、チップはさびます。偶然は少し霧だようです、気候が乾燥している後に自然と消えてなくなります。