ルイの仕が手提げかばんの等級のどうですかの_に達するのはブランドですか?

家を離れていて身につけて携帯しなければならない多くの使わなければならないものがあって、1つの手提げかばんはとても良い解決するこの問題のことができて、だから今多くの人はでも1つの適切な自分の手提げかばんを買って各種の使わなければならないものを受け入れます。今日小さく友達達を表すに1つの手提げかばんのブランドのルイの仕を紹介して達しに来を編みます。この名前を見た時、友達達を表してすべて知っているのを信じて、これは1つの国外のブランドで、それでは今日小さく編んでみんなとルイの仕が達するのをちょっと話しに来ます。

ルイの仕は等級に達してどのようですか
ルイの仕がブランドに達するのはその創始者のルイの仕で(ruwishda)の名前に達して命名したのです。ルイの仕は貴族出身な代々の名門に達して、ルイの仕が達するのも貴族の男爵で、絵を画かれる中に新古典主義の啓発のため、その時最新の材質と技術を運用して、完璧に伝統の文化の中のクラシックを演繹して、この新しい風格も上流の人々の愛顧と尊重を受けます。それから、ルイの仕はヨーロッパの各国の上流社会の有名な令嬢の上品な人量のからだのオーダーメイドの高級なドレスだけのために達します。

第二次世界戦争の後で、ヨーロッパの各国の王公貴族のファッションだんだん大衆化に従って、ルイの仕は男爵に達してだんだん上流社会もゆっくりと融合が大衆化のファッションに入る、そしてから奥深い宮中、ブランド化の運営を出て行きました。ルイの仕は独自の旗印を掲げる新古典主義の風格に達して、それぞれの階層の人の好感を受けて、すぐ市場の上で成功を勝ち取ります。ルイの仕はそのためも現代の成功する人の流行するラベルになって、イメージガールを味わいに達します!