全自動機械表はどのように保養しますか

現在、自動機械表をつけるのが好きな人が増えています。光は時計をつけても足りないので、あなたとしても腕時計に迷っています。次の腕時計の家から全自動機械表をご紹介しましょう。

1、正常に装着して振動が適切な活動量を持っていることを避けることができて、ようやく上に上がることができて、正常に運行することができます(使用者の活動量は比較的に遅いかもしれません、これは正常な現象です。最初に使用するときは、ハンドルヘッドを20~30回回転させ、発条を初期の弦にするようにしてください。腕時計は震動を防いでいますが、外での衝撃力が強いときは、掛け軸の先端や車軸頸が折れやすくなります。

2、磁化を防ぐ腕時計は、磁化しにくい非磁性材料を採用したが、走行中は磁場の影響が大きく、例えばテレビ、ラジオのラッパのそば、リュックやバッグの磁気ボタン。

3、時計の防水はできるだけ腕時計を持って泳ぎに行くことが要らないで、服を洗います。表を突き出しているので、できるだけ衝突を受けないようにしましょう。また、表とケースの隙間に注意して、小さくなったら操作に影響します。

4、時計の洗浄総地にとって3~5年に油泥を洗って、以下のいくつかの要因が決定した:①時計の密封問題②時計の装着程度(磨耗程度)③石英の時計は油洗いサイクルを延長することができます。

5長い長い間に時計を使わずに放置しないようにするのはクオトタン、衛生球のポケットの中には、時計油が変質して、時計機が歩く時は正確には毎月の発条または装着して、内部活動の柔軟さを保証します。