タイガー豪雅は『探索』の映像の短編映画を発表して、人類の月の歩みの中の重大な突破を敬意を表します!

2019年1月3日10時26分、嫦娥4号探査機は、26日8時間3分の飛行で月の裏で軟着陸した。「玉兎2号」の月面車と着陸器が分離して月の裏に到着し、着陸器の監視カメラが撮影した「玉兎二号」は月に第1道跡の映像図を残し、「サササン橋」の中継衛星を通過した。

「玉兎二号」月車モデル

2019年1月7日、嫦娥4号との間で38万キロ余りの中国・北京、スイス製表、中国探査機戦略協力パートナーと、TEC Heuerテグ豪雅、助力中国探査プロジェクトが中国科学技術館で「探索・月の裏面」を開催し、嫦娥4号の成功を祝賀した。同イベントの現場では、中国の月探査プロジェクト初の首席科学者であるユーゴリオブランド大使と、アンガリヤヤングと李易峰の共同出演の「探索」映像の短編映画を発表した。3人は「探索」の個人的見解を共有し、「嫦娥4号」の任務に成功したオリジナルの駆動力を検討した。タイガー豪雅大中華区総経理は、サザンYuさん、国家探月工程副総デザイナーの竜楽豪院士と嫦娥奔月宇宙科学技術(北京)有限責任会社社長の許可利さんと共に出席し、手を携えて中国の探査工事を人類の航天事業史に載せた重要な時刻である。