西鉄城の機械は体操に耐えることができますか?西鉄城機械表概要分析

一、西鉄城機械表のプロフィール

西鉄城というブランドは日本に由来し、若いファッションの腕時計を主力としている。西鉄城の前身は、日本のなお工舎時計研究所で、1918年に創立された。西鉄城の機械表は若い人やホワイトカラーの消費者の位置に位置して、ファッションの美感を重視します。例えば、この西鉄城のシティ・シリーズNJ 0040 – 54 E機械男表はとてもおすすめです。遠くから見るとデザイナーの優れた芸術の造詣ができます。デザインは観賞性だけではなく、目の前を明るくします。

二、西鉄城の機械は体操に耐えますか。

まず、機械の時計は発条を動力として、回転システムに依存して時計の運行を制御することで、その速度は多くの内部と外部要因の影響を受けます。例えば、正弦や半弦、外力が腕時計による揺れや振動など、機械の腕時計の精度に影響を与える。私たちは、発振器の周波数が高くなるほど、振動が安定していることを知っています。抵抗力が強くなるほど腕時計が正確になります。

機械の時計を歩く時の精度の国の技術基準は、24時間以内に許可された誤差、優等品-10~+25秒、一等品-20~+50秒、合格品-40~+75秒。また、西鉄城が定めた機械の時計の精度の基準は、24時間の誤差は-20~+40秒以内で、国家標準の優等品と一等品の間に相当する。だから、西鉄城機械表の耐操性は強い。

ここでは、ここで、すぐに年休をしなければなりません。長い間、あなたたちは小編を見られなくなってしまいました。あなたたちは小編を懐かしんでいるのではないかと思っています。