ロレックスの歴史上の第1位のアジア系キャラクター

時計ブランドの代弁者といえば、市場に合わせるために様々な「肩書き」が人気が高いが、実はブランドの位置を見合わないスターがブランドの加持となる。ビジネスの角度から、このような決定は短期で高い商業価値をもたらすことができるが、長期的に見て、このような選択はブランドにとって利益よりも大きいのではないか。私たちは知らない。今日私たちが話したいのは、「ロレックス史上初のアジア系キャラクター」という尊龍。

俳優の尊竜

映画『ラストエンペラー』の尊龍と陳冲

多くの人がこの名前によく知られていないかもしれないが、映画『ラストエンペラー』を見たことがあったら、映画の中での溥儀を演じた俳優の印象があるはずだ。映画「ラストエンペラー」は、中国の最後の皇帝の愛新感覚羅・溥儀が、皇帝から最終的に普通の市民になった物語で、ベナル多・ベトルチ監督、尊龍、陳冲、ウイ・マメ、ピード・奥図などの主演の伝記映画である。この映画も中国の歴史の上で初めて故宮でロケできる映画で、1988年には第60回アカデミー賞最優秀監督、最優秀監督、最優秀撮影、最優秀美工、ベストカット、最高の音響効果、最優秀オリジナル音楽など9つの賞を受賞した。