西単トップクラスの名表展

今回は、今年新しく発売された機械自動コア時計は40ミリの大きな表盤を採用し、18 Kのプラチナケースで、騎士マスク式のマスクを採用している。多くのファッション要素は1体で、価格は15.1万元。

最近の北京大山子芸術祭では、IN-チームインテルで開催された「美しい生活・大三件」のテーマ展が一時的に話題になっていますが、この上世紀六十年代に一世を風靡した「上海カード」の時計は、その物質の乏しい時代に一気に戻ってきました。

今日から5月30日まで、スイス十大腕時計ブランドのUlyson Nardinアテネ表が、西単のデパートの一階の亨縁起世界名表センターでアテネ北京万年腕時計展示会を開催した。アテネの第1度が北京で全シリーズのトップクラスの腕時計を展示している。

1999年、スイスのアテネ表で第1弾の腕時計が発売され、2000年にはドイツの有名な時計「Chronos」が「革新大賞」に選ばれた。今回の展示会では、総価1600万元の名表が展示され、その中にはアテネの天文「時計三部曲」のカバー表と1金295万元の腕時計がある。この天文「時計三部曲」は、それぞれ3匹、プラチナの材料として、歴史上の3つの偉大な天文学者ゴマニ、ガリレオ、クララーと命名され、全世界限定99セット。