誰が時計を買うのも広島の恋に向かって来たわけではない

ラura Lan青思晴『大書きのロラ』の主筆華語圏で有名な時計の宝石評論家、専門的な機械時計を鑑賞して、また宝石、生活、文化、芸術などの各分野に対して独自の見解を持っている。プロの文案、顧問、講習などの仕事に従事する。

私たちは時計を買ってよくひと言を聞きます:値は価値がありません。実はこの問題の背後には、重要な重要な要素がある。

私は読者の最もよく聞いた問題は、この時計を買うには価値がありません。この問題の答えは、いつも私の時間を語圧させて、私はもちろん責任を持って短い返事をすることができますが、私はこの問題の答えを深く知っていて、1日2日の累積で来るのではなくて、長期にわたり製品の製造技術と後のサービスと永続経営の堅持の結果に対して来ます。

賞値性は、表の売買を見る時の価格の変化だけではなく、むしろ「価値保存度」を見ているのですが、この価値はブランド品質経営、製品とコアの製造工芸のほかに、実際には、アフターサービスと永続性を無視しています。