腕時計の修理道具

ルーペと使い方。

用途:腕時計の部品が細かいので、ルーペを通して部品ごとに確認できます。通常は3~12倍の倍率の異なる拡大鏡を用意し、低倍数は部品の着脱に多く使われ、高倍数は遊糸の調整、芯のゆがみや極めて細かい部品の検査に用いられます。

使用法:直接に上下のまぶたを開けてルーペを挟むことができます。また、自分で針金を使ったり、既製の針金を買ったりして、ルーペをかぶせて頭にかぶせます。針金の長さは自分で調整できます。また、近視メガネをかけている人も直接に鏡の上に置いて使うことができます。腕時計の修理道具

ベルトホルダー。

用途:バンドの長さを調整する時、バンドを固定して、取り外しの便利なサポート席に使います。

使用法:バンドのピンを矢印の方向に垂直にして、活動式のゲージのピンのところに置いて、槌で軽くたたくと、活動ピンが離れます。適切な長さに調整して、もう一方から同じ方法で戻してもいいです。腕時計の修理道具

時計ナイフを外す。

用途:腕時計を開けて底蓋をする。

使用法:腕時計をしっかりと握って、滑りを避けて、底の蓋を切って、表刀で後ろの蓋の縁の開口から力を入れて引き金に入れてもいいです。注意:圧入式の背面カバーの設計にのみ適用され、押し込み式のカバー、ロックネジの底カバーまたは特殊な底カバーは専用の開閉器を使用しなければなりません。