腕時計のベルトはどのように洗いますか?

ベルトウォッチはどのように洗いますか?ベルトウォッチは多くの人に人気があると同時に、ベルトウォッチの洗浄についても関心を持ち始めています。消費者が一心不乱にメンテナンスをしてこそ、時計のベルトが一番いいケアができます。次の腕時計の家は皆さんを連れて腕時計のベルトの洗浄方法を見に来ました。

濡れたタオルでベルトの内側の汗のしみを先に拭いて、ベルトを普通の白酒に浸して、乾いたタオルで乾かして、中に入っているお酒を押して乾かせばいいです。しばらくは味が出ません。

しかし、ベルトの内側にカビが生えていて、処理できません。酒に長すぎるとベルトが変形します。高度な医療用アルコールを使わないように注意してください。ベルトの色が変わります。

3 S原則とは、皮質(Skin)に適合した洗剤、柔軟な湿布、高速な自然乾燥を使用することです。できるだけバンドと水の接触を避けて、不注意で濡れたら、風が乾いてから装着して、臭いを避けるようにしてください。冬のベルトは硬化度が高くて、曲がりやすい外形が現れます。この時、皮質を傷つけないように注意してください。寝ている時、バンドを風が通るところに置いて、皮質細胞に呼吸を広げてください。

ベルトは水と汗が一番怖いです。消耗品です。交換します。

どんなグレードのベルトであっても、普通のベルトであれば、二年ごとに交換してください。ベルトの使用時間が長くなると、靭性と抗張力性がひどく下がるからです。つまり、「脆さ」です。ワニベルトなら、一年おきに専門のクリーニング店に行って洗ってほしいです。自分で処理しないでください。