トップクラスの贅沢品は西部のカルティエをねらって先を争って重慶に入ります

世界トップクラスの贅沢品は現在西部市場に目を向けており、9月1日には「皇帝の宝石、宝石の中の皇帝」と呼ばれるカルティエが成都で西部地区初の高級旗艦店をオープンしました。近日、カルティエ上海代表処によりますと、カルティエ第11店は重慶に設立されました。現在は所在地の選定と評価を開始しており、来年にはカルティエブティックが重慶に到着する見込みです。

世界トップクラスのぜいたく品と称して、カルティエが販売している商品の自然価格には舌を巻くものがあります。聞くところによると、成都のカルティエの逸品の店の中で、最も安い商品はキーホルダー、携帯電話のチェーンなどの小さいアクセサリーで、価格は普通は2000元ぐらいで、最も高い商品は世界のトップ3位のダイヤモンドの宝石と名乗って、人民元の8300万元です。

カルティエの一番有名な腕時計については、普通1-2万円で販売しています。同時に、世界で最も有名な高級品の一つとして、カルティエの高級品店は装飾と装飾の面では、血の本を惜しまないです。成都のカルティエブティックは内装の費用だけで百万元に達し、内装の労働者までイタリアから来たと言われています。フランスの元大統領ミッテランの御用デザイナー、担綱ブティックの芸術指導です。

調査によると、先進国の40歳から70歳までの人はぜいたく品の消費の主力と違って、カルティエの中国での消費者は主に40歳以下の若者で、その中は私営企業の主人、高級職業のマネージャー、高層の行政管理者を主として、三四十歳の消費者は主流で、一般顧客の年齢は25歳から45歳、30歳以下の顧客で、多くは家庭環境が豊かです。

カルティエが西部市場に進出したのは、中国の高級品市場の急速な発展のためです。ある統計によると、去年の全世界の高級消費品の売上は820億ドルに達しました。中国市場は11%のシェアを占めています。また、中国市場は毎年20%から30%のスピードで伸びています。