月の反対側にオメガの「月の闇面」を見るアポロ8号の腕時計

月の美しさは、それが私たちに見せた鮮やかな外観だけではなく、裏に隠された部分にもあり、神秘感に満ちています。しかし、世界でも月の神秘的で遠い一面を間近で見たことがある人は、数えるほどしかいません。より多くの時計愛好家に月の全貌を見てもらうために、50年前のアポロ8号が人類初の月周回航海を成し遂げたことを記念します。スイスの有名な時計ブランドオメガは2018年バーゼル時計ジュエリー博覧会で、超覇シリーズ「月の闇面」アポロ8号という腕時計を発売しました。以前発表した「月の闇面」とは違って、オメガの超覇シリーズ「月の闇面」アポロ8号の腕時計は有名なオメガの月のムーブメントを搭載しています。月の表面の様子を現して、透かした盤面を通じて見ることができて、更に身につけている人の耳目を一新させる時計の楽しみを持ってきました。

超覇シリーズの鮮明な特徴を持つ分岐点として、「月の闇面」は1968年にアポロ8号が月周回を行ったことに由来する。初めて月を回る回ることで、月の裏側を見るきっかけになる。オメガは今回の任務をテーマに、2013年から「月の闇」シリーズを発売しました。この鮮やかなテーマに合わせて、それぞれの「月の闇面」の腕時計がファッション的でクールな全黒の外観で世間に向けられています。今回のオメガの「月の闇面」アポロ8号の腕時計は、名前からもわかるとおり、アポロ8号が月の闇に飛んだことを記念した歴史的な出来事として発売されました。