香港中環金宝表行創始者:陳鵬飛

香港中環の金宝時計行は、ファンを表すスーパーブランドです。

金宝の創立者である陳鵬飛さんも、表壇での徳が高いです。

飛哥(下の世代はまだ陳さんと兄の道弟と呼ぶほどではなく、ただ俗っぽくないです)が表壇の発展を弁舌さわやかに語ってくれました。

飛哥は1940年に正式に表行に入りました。腕時計が腕時計の影を消し、突き進む黄金時代である。これが60年を超える日に、彼は表壇の盛衰を目撃しました。この業界でも重要な地位を得ました。
今日の時計はとても進歩しました。「飛哥は言った。「造形ラインから仕上げまで、生まれ変わっています。「この証言は、本誌の主筆所である雲腕時計が実用品から芸術品に進化したという話と、期せずして一致した。

滄海桑田とは、飛哥が表壇に対した形容である。戦後以来、名表を専門に代行してきた太平洋行や、士洋行、大昌行などは、ほぼ完全に表壇を離れています。どうにもならない、世の中は永遠の繁栄がない。まあ、ここ数年大洋銀行にはまだ一定の業務があります。多くの外資系華資大公司はすでに寿命を終えて歴史になりました。