男の人は腕時計をどう買いますか?

仕事の中で腕時計を持つことは欠かせません。腕時計の選択は落ち着いて上品で優雅です。男の人は腕時計をどう買いますか?下の腕時計の家で教えてあげます。

腕時計のケースタイプを選択すると、ケースの材質はK金、金メッキ、チタン材、ステンレス、半鋼メッキロック、合金ケースなどがよくあります。K金のケースはブランドの高級時計だけ採用しています。腕時計の価格はいつも数万元以上です。一方、半鋼(腕時計の後ろのカバーだけがステンレスです。)のクロムめっきの種類の表はすべて低級なので、ケースは腐食しやすいです。

汗をかく人は運動が好きな人、室外の人、長期的に化学酸・アルカリ物質に接触する人(例えば医療関係者)はすべてステンレスの殻の時計をかぶるべきです。水銀を含む化学薬品(試薬)はK金とめっきに大きな損害を与え、金の色を変える。銅めっきの時計の頭、ケースとバンドの裏側は汗で腐食しやすく、めっき層を剥がすのは一番いいです。

バンドフェスティバルの間のピンとバンドボタンはベルトを配合する時に一番問題が発生しやすい部位です。時計を買う時は必ず慎重に検査してください。一部の時計のボタンは長期的に開けて閉じます。例えば、「蝶々」のボタンのようなものです。陶磁器のバンドは壊れやすいです。これらも買う前に考慮しなければなりません。

一部の人は自動腕時計を身につけるべきではないです。毎日運動量が足りない人、高齢者と体の弱い人、長期的に座って仕事をする人は全部自動腕時計を使わないほうがいいです。人の運動量が足りないと、腕時計のぜんまいが完全に満杯にならないので、腕時計は時々止まってしまいます。歩く時の長さが足りないか、或いは付けて歩いて止まってしまう癖があります。同時に時計の誤差も大きくなります。運動量が足りない人は、クオーツ腕時計や手巻きの機械時計を使うのが一番いいです。