石英の時計は電池を替えて注意します

石英の時計は電池を替えて注意します。薄型のクォーツ・ウォッチについて、電池が選択組み合わせするのが特に慎重で、これらの腕時計の悪がしこい心も同様にとても薄いため、もしも電池はリードとネジ固定をおさえるで、さらに厚くする電池を使うことはできません。
適当でないのに電池をさらに厚くしてスイスの腕時計の故障の事例をもたらすように選択して使用するのがあっのでことがあります:
1匹のカルティエの腕時計があって、本来はSR616型番の電池を使うべきで、結果はSR621のを使ったので、厚さは0.5ミリメートル増加して、どうしてもあの腕時計はとても薄くて、つまり殻の内の空間を表すのが高く小さくて、このように腕時計をきつくねじる後にかぶせた後に、電池は時計の後でふた中に側に接触して、そして悪がしこい心に対して圧力が発生して、時計の文字盤の下で部品の合理的な隙間がすべてでないをのもたらして、カレンダーは字を跳ばないで、同時に早くカレンダー皿を加減することはできなくて、その上針の感覚のとてもきついしわを動かして、連続して針を動かしていていくつ(か)が循環して下りてきて、催促したのを悲しんでなんと横たわりを直刃に順番に当たっても切ってあげました。
クォーツ・ウォッチに電池をかえて、1つの簡単な問題です。クォーツ・ウォッチの電池が100種類の規格あるいは型番がないため、大きい数十種類もあって、大きなものと小さなもので、厚さでの、普通なメンテナンス店の中に常用する型番はでもあって、あまり常用しなかったのは多分なくて、特にあれらがわずかな過失を過ぎるのが薄くてあるいは大和を比較する厚かったです。
酸化銀電池の国際型番は実際には電池の外形のいくらのサイズを代表して、たとえばSR626、その直径が、厚さを6ミリメートル上回ったのが2.6ミリメートルだと説明して、その他の型番は皆回で類推します。比較的貴重なクォーツ・ウォッチ、通常腕時計後閉じあるいは悪がしこい心の電池の添え板の近くにあって、標示はこの悪がしこい心の使った電池の規格を出します。
厚い電池の容量は薄い大に比べて、これが電池を延長するのに対して周期を替えてよいところがあって、もしも定める薄い電池に比べて選択して使用したので、また(まだ)電池がリードカードの止まらない電池を押さえるのを防止して、電池の上で弾きをもたらして、陰極のリードを離れて、あるいは接触するのがびくびくするです;そのため必要がある時、電池(陽極)に下敷きの金属箔板あるいはに“緑のしっくい”でまだしっかりおさえなければなりません。
修理してこの仕事を表す特にきめ細かくなければならなくて、でたらめに集めることはできません;北京に文の方言があります:“耳掘るさじ炒めるゴマ――あなたいいかげんにする私、私いいかげんにするあなた”、説明するもしも、規定に基づかない事を処理して、ある恐らく事故(面倒)を起こす、注意しないと万事の多い誤り、について言わない“饅頭さえ誘発する出る殺人事件”、すべての小事のために大事をしくじる事すべて有能ではない、十分な状況がある状況で、やはり(それとも)できるだけ規定に基づくべきな型番替える腕時計の電池。