自動機械式ウォッチの内部の構造

機械式ウォッチの発展はすでに百年に行く歴史を通りました。今まで、機械的な表す構造はとても精密なことと言えます。今日腕時計の家はみんなのために自動機械式ウォッチの内部の構造を紹介しましょう!

一、分類

機械的に(mechanicalwatch)を表して通常下記に2種類分けることができます:手は鎖に行っておよび、自動的に2種類鎖の腕時計(AUTOMATIC)に行きます。この機械的な動力の出所は全てチップの内のぜんまいに頼って(寄りかかって)動力なるで、歯車を動かして1歩進んで針を推進して、ただ動力の出所の方法は異なりがあります。手のねじをまく機械が表すのはひじ掛けに従って動力を行うので、チップの厚さの比較的普通な自動的にねじをまく時計は少し薄くて、比較して言うと腕時計の重さは軽いです。自動的に鎖の腕時計に行って、チップの自動回転円板左右動力が発生してぜんまいに駆動しに来たのに揺れ動きを利用するので、しかし比較して言うと腕時計の厚さは手のねじをまく時計より少し大きいです。

自動機械式ウォッチの内部の構造

二、構造

腕時計の歯車

腕時計の歯車の駆動装置、特に主変速機の輪列、広範にいわゆる円弧の歯の形を採用します。このような歯の形は歯の形に電話(電線)をつないで進展変化して来たので、純粋なサイクロイド歯形が加工するのが難しいため、だから円弧でサイクロイドに取って代わって、サイクロイド歯形を修正するのといっても、歯軸の最少の歯数6であることができて、それによって車輪の歯数のあまり多くない条件の下で大きい伝動比を得ることができて、これは悪がしこい心の直径に減少するの、に対して高周波の腕時計の中でに対してきわめて有利です。伝動する効率比がわりに高くて、普通は95%ぐらいまで達することができます。腕時計の悪がしこい心のサイズが小さいため、箱がモジュールの貯蓄したエネルギーに順番に当たるのは大きくありませんて、もしエネルギーが損害を受けるのがとても大きくて、直接腕時計の幸運な品質に影響するのができます。誤差の敏感性を加工するのに対してわりに大きいです。歯形誤差と基準中心距離の誤差のようです、でもかみ合いの特性の変化を引き起こします。様子のかみ合った1対の歯車は、はその歯の形のため率が決定した、そのため歯数と率とと違い使ったホブとフライスも同じでありません。