腕時計は女の腕の風景です

めったに女性は腕時計を愛しません。腕時計は女の腕の間の1本の風景で、女の人が愛情のツールを記録するので、女の人が歳月の武器に対抗するのです。

腕時計は女性の魅力を示すアクセサリーです。若い女性の美しい辞書では、腕時計は単なる時間の道具ではなく、美しい古典的なアクセサリーを展示しています。腕に結ぶだけの結び目ですが、つけている人をさりげなくファッションの焦点にしています。

女性の腕の間には美しい腕時計があります。まるで花をつけているように、ユリのような優雅さもチューリップのような濃厚さも女性を魅了します。いつもその香りを感じています。

舞踏会、盛大な宴会、女の人はよくダイヤモンドと宝石で自分を装って、いっしょに光り輝く腕時計を身につけて、一挙手一投足の間に気をつけないで風情の万種類を漏らして、社交の場の女の人を更にまばゆくならせます。だから、女性と腕時計は、生まれつきの相性がいいのです。

腕時計はよく女性に愛情を思い出させます。女の人から見ると、愛情の世界は神秘的ですが、愛情の時間は透明です。あなたが愛している限り、その時間は記憶に残ります。あなたは振り返ってみて、あの時のあの15分、画面はもとのままです;あなたは頭をもたげて、あの時、また新しい程のようです。すべては私達の腕時計の目盛りと針のように、いつでも一つの目盛りが過去に止まっています。いつでも一つの針が新しい道を始めています。いつでも一人はあなたの世界で待っています。いつも心があなたのために走ります。

腕時計は逝世んだ恋のように女に忘れ去られつつあり、女は腕時計屋に行くことが少なくなり、腕時計をする女も減ってきたという人もいます。これはただそれぞれ好みがあって、女の細い腕は空白していて、もしかすると自由気ままな宣言です。