NOMOS今年の二針腕時計、シンプルな風を最後まで

今年のバーゼル腕時計展では、NOMOSが二針の腕時計を発表し、シンプルで優雅な形で新たな腕間時計を作り、バウハウス風のエッセンスをどこにでも反映しています。しかし、新しい腕時計は2本の針だけで、小さい秒盤を設けていません。簡潔で優雅な雰囲気を漂わせています。今回の腕時計は全部でTangente、Orion、Ludwig、Tetraの四つの時計があります。これからはTangenteの腕時計を例にしてみます。

Tangente、Orion、Ludwig、TetraはNOMOS Glash etettが創立した時に発売された4つの経典です。今年発売された新しい時計は、NOMOSのシンプルなスタイルを引き継ぎ、純粋なデザインで現代の都市人が日常的に身に着けるようにデザインされています。

腕時計のスナップ

直径33ミリで、女性の腕の細さを引き立てます。腕時計のケースはステンレスの材質で作られています。ケースの正面と側面は研磨技術で装飾されています。ラインは丸くて、ふっくらとしていて、温かみのある金属光沢を強調しています。