万国表(IWC)最高経営責任者:ジョベンズ

ジョベンズ・コーエンさんは26歳の時に初めて万国表をつけました。十年後の2002年、彼は万国表の行政総裁に任命され、万国表(IWC、Internationa lWatch Co.)発展の長い歴史旅の中で第十位の指導者となりました。先日、北京の太廟で行われた「時計の奇跡」の歴代時計の展示場で、ジョッキ氏は時報記者のインタビューに応じ、「これは運命です」と連呼しました。

喬琪斯さんは初めて中国に来たのです。時計展示会の日は風が強くて、ジョッキさんは記者の最初の動作は自分の真っ赤な鼻を触って、変な顔をしました。インタビュー中、彼は記者のインタビューの要点に興味を持っていました。しかし、彼は中国語の文字を知らないです。頭を掻かせた四角い文字に興味があります。あなた達のパソコンのキーボードはいくつのキーがありますか?どうしてこんなに多くの字が打てますか?」初めて中国に来た外国人が多いように、ジョッキさんは中国の人口が一番多いと言いました。全スイスの人口は700万人に満たないです。北京の人口はほぼその二倍です。ジョッキは彼の仕事と生活の小さな町シャフハウゼンでは、町全体で3万人しかいないと言いました。