このロンジンは天に昇るのですか?

まず、実際に撮影して時計の兄を制御して明るくて絶対に外観協会の忠実な粉で、だから第1は顔の値を見なければなりません!この時計は色に夜光コーティングと亜光黒の文字盤を組み合わせてくれました。最初の感じはちょっと充納海の軍表気質です。そして、小さい文字盤のレイアウトを見て、また万国のパイロットを思い出しました。

パイロットはいつも男の夢です!もちろん女の子の夢です。パイロットのせいで、お湯ちゃんのことを思い出させてくれます。かっこいい顔が耳に響きます。あの「壮志凌雲」、Take mybreeath away。息ができないほどかっこいいです。何枚かの美しいスープの立派な写真を来て、自分でついたてをなめます。

はい、そんなに遠くないです。時計を見続けます。一番びっくりしたのは、この時計は沛納海でもiwcでもなく、ロンジンLONGIESの前でも言っていました。この時計の特徴はパイロットです。しかし、私の記憶の中では、ロンジンが一番よく見かけるのは正装の名匠で、超薄型の嵐、潜水のカンカスです。パイロットは見たことがありません。そして彼の12時の位置はLONINESだけです。標識的な飛翼砂時計の標識がないので、もっと気になります。これはロンジンの何の宝物ですか?