腕時計の日常メンテナンスは腕時計の寿命を延ばす

機械式腕時計は電池がないですが、簡単にできる機械時計のメンテナンスが必要です。腕時計の寿命を延ばすことと、良好なムーブメント状態を保つことにとても役立ちます。毎日つけるなら、一番いい保養方法は二週間ごとにバネを締めて、歯車が正常にスムーズに動くことを保証します。時計の冠を軽く回して、かすかな緊迫感を感じることができます。毎日腕時計を身につけているわけではないなら、少なくとも二週間に一度は時計の継続を保証します。つまり内部の機械装置が正常に運行されることを保証します。

腕時計は日常のスイングでチェーンを動かしていますが、腕を振り続けるスポーツをする時は、腕時計を装着しないことをお勧めします。腕の動きが続くと、腕の芯が壊れます。腕時計はいつも乾燥することを保証します。水につけてしまったら、乾いた柔らかい吸水綿でしっかりと腕時計の水を拭き取ります。これは腕時計の耐久性を確保するための鍵です。

腕時計の最高の掃除道具は乾燥した柔らかい吸水性の綿とつまようじです。つまようじで腕時計のすき間にたまった汚れを取り除き、柔らかい布できれいに拭きます。腕時計が抗水型のものなら、たまにぬるま湯や柔らかい洗浄液で腕時計をきれいにします。しかし、時計のチェーンが皮または非金属のものであれば、時計の体を洗ってもいいです。