贅沢品の芸術覚醒

11月21日、宝パーの文字盤は微絵エナメルを採用し、画面はバタフライの花である中国水墨画の高級注文品リストが上海で競売され、35万元から110万元の落札価格まで、前後5分間しかかかりませんでした。ある人は思わず聞きました。贅沢品市場は不景気ではないですか?なぜみんなは競って撮影しますか?

中国の芸術風の勃興

「PerfectTimeタイミング」時計雑誌編集長、時計文化学者の常偉さんは玄機をずばりと突く。Blancpain宝パー『The Unique』の新高級オーダーメイドシリーズの孤品リストの成功と高値オークションは、中国の高収入層が贅沢品の芸術価値に対する要求が覚醒し、向上していることを物語っています。経済成長が鈍化し、ハイエンドの購買力がややだるくなった時期でも、芸術的価値のある贅沢品はみんなから愛されています。高収入層は高価な贅沢品を買いたくないのではなく、もっとコレクション価値があり、自分の民族文化に合う贅沢品に熱中しているのです。

そうですか?贅沢品の中国での発展を振り返ってみると、この結論が分かります。中国の西洋の贅沢品に対する認識は400年以上前に西洋の伝道士から自鳴鐘を受け取って始まった。明朝の万暦は28年で、西方の宣教師の利瑪窦とポンディは北京に来て、二つの自鳴鐘をプレゼントして先に皇帝にあげました。清の時代になると、西洋の時計は中国で一番大きな消費層が皇室です。時計の美しい外観と精巧な機構に魅了されたほか、中国の王公貴族は受け身ではなく、西洋の腕時計メーカーに対して多くの要求を出しました。「康熙御制」の懐中時計は、帝王専用の黄色をエナメルのベースにしています。腕時計ブランドの典蔵や故宮博物院からは、美しい意味を持つ図案、造形、デザイン、材料など中国文化の細部を融合させたアンティーク時計がたくさんあります。