自動腕時計の内部構造

機械腕時計の発展はすでに百年以上の歴史を経ています。今までの機械時計の構造は非常に精密と言えます。今日は腕時計の家で、自動腕時計の内部構造を紹介します。

一、分類

機械式ウォッチは通常次の2種類に分けられます。ハンドチェーンと自動巻き時計(AUTOMATIC)の2種類があります。この二つの機械の動力源はすべてムーブメントの中のバネを動力として、歯車を動かして時計の針を動かします。動力源の方式は違っています。手巻きの機械時計は手で動力を作るので、芯の厚さは普通の自動巻きの時計より薄いです。比較的に腕時計の重さは軽いです。自動巻きの腕時計は、ムーブメントの自動回転盤を左右に動かしてバネを駆動するものですが、腕の厚みは手のバネの時計よりも大きいです。

自動腕時計の内部構造

二、構造

腕時計の歯車

腕時計の歯車伝動系、特に主伝動輪系は、いわゆる円弧歯形を広く採用しています。この歯形は配線歯形から変化してきたもので、純摆线歯形加工が難しいため、円弧を使って摆线の代わりに、摆线歯形を修正するということもあり、歯軸の最小歯数を6とすることができ、輪状歯数が多くない条件で大きな伝動比を得ることができます。これは機心径を小さくし、高周波腕時計にとって非常に有利です。。伝動効率が高く、普通95%ぐらいになります。腕時計の心のサイズが小さいので、箱の輪の部品の蓄えたエネルギーは大きくなくて、もしエネルギーの損失が大きすぎるならば、直接腕時計の時間の品質に影響します。加工誤差に対する感度が大きい。歯形誤差と中心距離誤差のように、噛合特性の変化が生じる。歯の形は互いに噛み合う一対のギアとモジュールによって決まるので、歯数とモジュール数は違って、使うロールとフライスも違っています。