地震防止腕時計

機械の腕時計の中のムーブメントは全部鋼製です。腕時計を磁石の近くに置くと、鋼鉄製のムーブメントが磁化します。特に,フィラメントが磁化すると,時計はすぐに動かなくなる。そのため、腕時計はカバーが必要です。磁力を防ぎ、磁界を通せない物質が必要です。腕時計の正確な運行を確保できます。

国家基準では、磁気防止と耐震性能基準は「残存効果」で表されていますが、残存効果とは、検査前の腕時計の瞬時日差と検査後の腕時計の瞬時日差の差のことです。

地震防止:腕時計が1メートルの高さから偶然に水平硬木の表面に落ちた時、石英時計の残りの効果は2秒を超えないで、機械時計の残りの効果は60秒を超えません。

磁気防止:腕時計が偶然に強度4800 A/mの磁場中にある時、石英表の残りの効果は1.5秒を超えないで、機械男子時計(ムーブメント面積が314平方ミリメートルより大きい)の残りの効果は30秒を超えないで、機械女子時計の残りの効果は45秒を超えないです。

反磁性腕時計標準——QB/T 1899-93『時計—反磁性腕時計』

この規格はアナログ腕時計に基づいており、偶然にも強度4800アンペア/メートルの磁場中で受けた影響により、「磁気防御」と表記された機械式腕時計と石英腕時計に適用され、「磁気防御」と表記された腕時計の最低条件となります。技術要求と試験方法は以下の通りである。

技術要求:腕時計は磁化試験に規定された3つの状況の下で、止まってはいけません。

残りの効果:①機械式腕時計:型テーブル(表のムーブメントの組み立て直径が20 mm以上、またはムーブメントの面積が314 mm 2以上)の残存効果は30 s/d以下である;Ⅱ型、Ⅲ型テーブル(表のムーブメントの組み立て直径が20 mm以下、またはムーブメントの面積が314 mm 2未満)の残存効果は45 s/d以下である。②クオーツ腕時計:残りの効果は1.5 s/dより大きくない。