皮ベルトのメンテナンス方法

メタルバンドの他に、ベルトは最も触感のある肌触りの良いものです。

革のバンドは優雅なだけではなく、ファッション感もあります。様々な色が似合う服に合わせて全体の美しさが現れます。凉冬の季节には、身につけるともっと暖かくて快适ですが、ベルトのメンテナンスが容易ではないです。

ベルトは消耗品ですが、正確なメンテナンス観念と常識があれば、必ずお客様の皮のバンドに長い寿命を持たせます。結局、ベルトの値段は何百元から数千元まであります。安い商品です。

革の中には防腐剤や他の薬剤が含まれています。乾燥して安定した皮質がありますが、使い方が間違っています。手を洗って水にぬれたり、雨にぬれて濡れたりして、自分で乾かします。時間が経つと、皮革内の薬剤が流失し、必然的に皮質の硬化を加速し、変形や破断もあります。

腕時計のベルトは夏や運動の時に汗をかきやすいです。普段はいつも手を洗う顔をつけてベルトを濡らしたり、長い時間の汗の中にテープを挟んだり、空気中のほこりや汚れが付着して侵食したりします。皮のバンドが長く使えば、必ず異臭が出ます。

また、食事、生活、使用習慣の違いによって、汗の汚れ、汚れ、アルカリの形成が異なります。酸性臭のにおい(汗の酸味など)が発生するほか、引き続き着用すれば、皮膚のアレルギーを引き起こすこともあります。

以上の問題の処理方法

方法の1:ベルトがうっかりぬれてあるいは雨にぬれてできるだけ早く取って、すぐに乾いた布で拭いて乾かしてねじって乾かすことができて、引き続き身につけることができます;人体が常温があるため、もし収集するならばきっと自然な風乾あるいはベルトの上で皮油を塗って、ベルトに対して効果があります。

方法の2:ベルトが酸っぱい臭いを生む時、柔らかい毛の歯ブラシで少しの香の石鹸をつけて急速に汚れたところをきれいに洗って、急速に清水で水洗いして、すくい取って放します。)乾燥します。

消費者もベルトに革油を少し塗ることができます。注意しますまず時計の耳を外して、ベルトの両側を分けて洗ったほうがいいです。ベルトは水に浸すべきではないです。