ご希望の超軽量耐摩耗はここにあります。三種類の価格性能比がとても高い炭素繊維腕時計がオススメです

腕時計は外観デザインとムーブメントのほかに、もう一つ無視できないところがあります。材質の運用です。材料は一般的によく使われているのは精密鋼と貴金属、あるいは今では慣れっこのセラミックの材質ですが、炭素繊維の材質は多くありません。炭素繊維自体は車体の材質に応用されていますが、今は腕時計に使われています。重さは鋼よりずっと軽いです。今日は腕時計の家で、炭素繊維の腕時計を紹介します。腕の負担を軽減します。もっと軽くて便利です。

タイガー・豪雅竞潜水シリーズは今年、新たな力作を発表した。新しいタイプの表のハイライトは炭素繊維を設計のメインとして、PVDブラックコーティングチタン金属のケース、炭素リングから炭素繊維効果の装飾の文字盤まで、このテーマに呼応しています。競潜シリーズの新しい時計は高温の鍛圧樹脂を巧みに採用して、ランダムに炭素繊維を注射して、腕時計ごとにの暗い灰色の炭素繊維の紋様をすべて唯一無二にならせて、深い変幻の海のようです。バラゴールドの研磨時のロゴとポインターを組み合わせて、カラーインパクトがおしゃれで優雅です。ムーブメントはカリブ・ヘアー05を採用しています。自動上弦のムーブメントは38時間のため、防水の深さは300メートルに達しています。