時計は人生のようです。正確なほどいいとは限らないです

昨日、新年の鐘が正式に鳴りました。全世界が2018年から正式に2019年に進みました。

2019の最初の文章では、私たちは時計については別にして、この時間ノードでは、みんなと一緒に何かを話したいです。「時間」です。

過去の一年間を振り返ってみても、私たちは邪魔されずに一人で過ごす時間がどれぐらいあるかを考えてみてください。私達は毎日すべて慌ただしく步履するのではありませんか?時間を家族、会社、友達、学校に分割して、この一回に急いでまた次の回を始めて、ひっきりなしに手をあげて時計を見て、ひっきりなしに忙しくして、最後に、一日の24時間の中で、本当にあなたに残しておく時間はいくらありますか?