精工GRAND SEIKOは3日間GMT腕時計を精錬します

創立から130年以上になるSEIKOは、世界の表壇でずっと輝いています。人類が初めて月に到達したのと同じ年(1969年)に、ブランドは世界初の石英表を発表し、その後の石英表革命を牽引し、正確かつ価格の安い絶対優位性を走り、現代主流の機械表に大きな衝撃を与えました。

ブランドの強みはもちろん、安価なクオーツ時計の製造だけではなく、1960年に設立されたGRAND SEIKOは、50年余りの間に「正確」と「実用」を表基準としています。クオーツ時計、機械時計、またはブランド独自のスピンツドライブの第三類腕時計などの分野でも、すでに東洋のトップ腕時計の代名詞となっています。。さらにありがたいことに、SEIKOは今のところ少数で全ての部品を自制できる時計工場です。

新型の3日間はGMT腕時計を精錬して、中から外まで、完璧に大和の表工芸が少しもいい加减にしないことと品質に対して妥協しない精神を表現しました。外観の部分は、少なくとも20面が細かく研磨され、糸を引いて研磨され、豊かな視覚的なレベル感を示し、もとの冷たい鋼材が愛おしい腕に躍り出ています。サイズのバンドを極めやすくし、無垢ステンレスを採取し、人体工学に適したデザインのケースの内側のラインと一体化し、ユーザーが装着する時の貼手と快適性を確保します。